私だけでしょうか?
すごく、すごく醜い部分があって…
誰にも知られたくない私がいます。
でもこの小説で、ちょっとだけ…。
本当の私を出していこうかと思います。

この作品のキーワード
傷跡  束縛  DV  監禁    シェルター  暴力  記憶  家族