「もう、逃がさない
俺は、お前を生徒としてじゃなくて、
一人の女として愛してる」



先生のために泣いて、
先生のために笑って…
好きで、好きで……諦められなかった。




わたしは忘れられない時間を過ごした。





先生を好きになってよかったよ……

この作品のキーワード
先生  片想い  片思い  切ない  悲恋  純愛