『会いに行ける王子』こと
富樫真吾課長の意外な秘密を
知ってしまいました。

大丈夫です、課長。
法務部勤務6年目になる私、橋本詩織。
情報守秘にかけては自信があります。

「君が彼女になってくれるなら、助かる」

その微笑みに流されて
いわゆる偽装彼女になってみたものの
課長は多分少し勘違いしている。
私はちょっと残念なタイプの女子だ。

「君は、君のままで完璧だよ」
「詩織は俺の女神だよ」

それはちょっと買い被りです。

甘い言葉と優しいその手で
私を手懐けていくあなたは
きっと、自分の魅力の罪深さを知らない。

この作品のキーワード
社内恋愛  偽装  王子様  地味OL  アラサー  勘違い  結婚  チーム黄