初恋は実らないなんて話よく聞くけれど
あの時実らなかった初恋は今なら叶うの?

カケラを一つずつ拾い集めたその時―――

何かが動き出す。


胡桃澤訓歌(クルミザワノリカ)27歳。

OB会で再会した初恋の人が中学卒業記念に書いてくれた言葉。

『前途有望だった…』

片思いの彼がくれたそれに意味はあったのか聞けないまま大人になった。

もう忘れてしまったはずの初恋。

あの時止まった時間は、また動き出せるのか?

過去形だったあの言葉を現在進行形にできるのか?


・レベル上げの潤兄(相良潤季)が登場してます。

*他サイトで完結済みのものを加筆修正して章毎に更新しております。


2018/02/21~

小桃とむ

この作品のキーワード
初恋  再会  大人の恋  長編  結婚