「あなたたち、結婚しなさい♪」

「はぁ?」



私は人生の中で、その時以外にこんな間抜けな声を出したことは無かった。





------------------------------------



女の子は原石なの。

誰だって磨けば輝く。


時に、私のように磨かなくても輝く人はいるけれど。



でも、男はそうじゃない。

磨いても輝かない人だっている。



そう、例えるなら私の未来の旦那様。


私の未来の旦那様は、どうしようもないぶさいく。




------------------------------------



父も母も美形なので、美形に生まれ、美形に育った

マリ

×

テオ

父も母もそれなりの美形なのに、美形に生まれず、美形に育たなかった




2人は、政略結婚することになりました。

------------------------------------


執筆開始 2018.02.23
公開&完結 2018.02.24

この作品のキーワード
政略結婚  お姫様  王子様  告白  キス  甘々  シュウ小説