あの頃の私は周りの目ばかり気にしていた。


君の気持ちより、自分を優先して。
恥ずかしさや後ろめたさ。
からかわれたくない気持ちでいっぱいだった。


だから、たくさん、君を傷つけてしまった。


小さな世界の中。
その世界が私のすべてで。
素直になれないでいたあの頃。


それでも君が好きなのは本当で。
初めての感情だったんだよ。


分からないことばっかりで。
正解が何かも分からなくて。
すれ違ってばかりいた日々。


それでも、私たちは。
全力で恋をした。
君に、恋をした。


小笠原 真子(おがさわら まこ)
×
伊澄 彗(いずみ すい)
×
苑田凜久(そのだ りく)
×
井上理香子(いのうえ りかこ)
×
長沢すみれ(ながさわ すみれ)
×
高橋まひろ(たかはし まひろ)



あの日、人生でいちばん最悪な日。
私はこの気持ちが恋だと知った。









start⇢2018.02.26
end⇢2018.04.04





この作品のキーワード
シュウ小説  公園  初恋  中学生  思春期  ピュア  不器用  すれ違い  切ない  長編