ああ、返信できなかった。
結局朝も時間なくて出来なかったし。
無視するとか、酷いよね……。
心の中でひっそりため息をついた。


でもやっぱり断らなきゃだなあ。
理香子と約束しちゃったし。
すみれは高橋くんと回るだろうし。
理香子、ぼっちにできないや。


「すみれ、高橋と文化祭回るの?」


「もち、もう約束したし。」


「私らはふたり寂しく女子同士で回りますよ~。」


「まじでごめんって!」


ごめんって言ってるけど、全然ごめんって思ってないよね、それ。
それくらい浮かれてる。
すみれの周りお花飛んでる。
実際は飛んでないけど視えるもん。
幸せ、なんだろうなあ。


休み時間になったら会いに行ってるし。
給食の時間も携帯チラチラ見てるし。
使っちゃだめなのに。
バレたら没収だよ?


でもそんなの気にならないのか高橋くんに夢中だ。
恋は盲目、ってやつだ。


自分にはわからない感情に苦笑いする。


この作品のキーワード
シュウ小説  公園  初恋  中学生  思春期  ピュア  不器用  すれ違い  切ない  長編