「どうしたの?」

 少年の声に、少女は顔を上げた。


 少女は黙って首を横に振ると、逃げるように走り去って行った。




 守りたいと思った……

 でも、何も出来ず大人になった。


 追いかけていた背中……

 見失ったまま大人になった。



この作品のキーワード
幼馴染  家族  溺愛    再会  すれ違い  結婚