自信なんてなかった。
ずっともてなかった。

でも、そんな私が変われたのはきっと

不器用で、 どこか懐かしい、

過去に忘れた優しいあなたに
もう一度出会えたから。


自信が持てない美女
桜木菜月
sakuragi natuki

×

無愛想な命の恩人
瀬川一蓮
segawa itiren


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○




「瀬川さん瀬川さんっ、
私達、多分前世で夫婦だったのかも」

『は‥‥?』





大切なのは、つみかさねた時間ですか?


いまからでも、おそくはないですか?



2018* 3, 27 start
2018* 6, 07 end




お願い。

あなたを、思い出せますように。


この作品のキーワード
作家  美女  地味  幼馴染  記憶喪失