『努力は必ず報われる』

『信じる者は救われる』

優しい両親から愛され育ってきた私、久瀬千尋(クゼチヒロ)二十八歳は、今までの人生、この二つの言葉を支えにして頑張ってきた。

結果として、その言葉は本当にその通りだと思える人生を送ってきている。

しかしそれは数字で判断できることのみの結果であって、恋愛などの人間の気持ちが加わることとなると話は別だ。

「……どいつもこいつも嘘ばっかり……」

努力や相手を信頼する気持ちだけではどうにもならないと知ったのは、いったいいつ頃からだっただろう。

どんなに自分を磨いても、それ以上に魅力的な女性には呆気なく完敗する。

どんなに男を信用して尽くしても、彼らは平気で浮気する。

ちゃんと相手を見極めて、恋愛に対して盲目にならないように冷静に判断してきた。

都合のいい女にだけはならないように気を付けた。

信じすぎることはよくないことだと学び、尽くし過ぎないように気をつけた。

ちゃんと落ち着いて幸せな恋愛をしようと毎回思っているのにもかかわらず。

「恋愛なんて……クソくらえだ。……バカヤロウ……」

毎回必ず恋が終わるたび。

私はこの言葉を何度も繰り返していた。