人生の選択ができるように頑張って勉強し、良い高校に入ってさらに勉強し、有名大学に入って良いところに就職した。

だからといって勉強ばかりしていたわけではなく、それなりに恋愛経験もしてきたつもりだ。

けれどどういうわけか私の友人に言わせると、いつもろくでもない男にばかり引っかかっているらしい。

そんなつもりはないのだが、異性に積極的になれない私は常に受け身で、相手の言われるままに行動してしまう。

結果としてそれが都合のいい女と認識され、男は私をいいように利用するというわけらしい。

そう分析されてしまっても、どう行動していいかもわからない私は相変わらずで。

今回もまた、男に裏切られてしまったというわけだ。

「仕事……行きづらい」

重い足を引きずりながら、私は一歩ずつ会社へと歩を進めていく。

社内恋愛をしていた私にとって、彼の裏切りは身を切られるほどに辛い体験といえるだろう。

しかも今回はいつもよりもダメージは大きい。

なにせ裏切るきっかけを作った相手というのは……。

会社の同期の女性社員で。とても親しくしていて、友人だと思っていた人だったのだ。

私と彼が付き合っているのを知っていたくせに、あろうことか私から彼を寝取ったのだ……。