「凱莉さん、先に出てくださいよ」

「堂々と出ればいいだろう?」

「嫌ですよっ。凱莉さんの背に隠れて出ます」

「わかった。じゃあ着いてこい」

「ちゃんと隠してくださいね」

凱莉さんの背中にできるだけくっついて、私はすごすごと出口に急ぐ。

大きくドアが開くと、一斉にこちらに視線が向くのを感じた。

歩を進める凱莉さんの背中でなんとか逃れようと必死になる。

しかし……。

「平嶋課長」

前方から女性の声が聞こえた。

これは紛れもなく……梨央だ。

「わざとなのか天然なのか知りませんけど」

フロアのど真ん中で声をかけてくるなんて、なんてヤツだ……。

恨めしそうにそっと顔を出すと梨央と視線がぶつかった。

梨央は私の顔を見るなりニッコリと……いや、ニヤリと。

とてつもなく意地の悪い笑顔を私に向けた。

そして凱莉さんを向き直り、少し声を高めに一言言い放った。

「口紅、ついてますよ?」

と。

「ひゃっ」

私の短い悲鳴は、フロア全体の悲鳴に掻き消された……。

凱莉さんは特に慌てた様子もなく、親指でグイッと唇を脱ぐって。

私を振り向き、これまたニヤリと微笑んだ……。

「…………やったわね……」

私の呟きも聞こえないほどザワつくフロアで、私一人が青くなる。

やられた……。

これ、絶対やられたでしょ……。

凱莉さんの、あの笑顔を見れば一目瞭然。

天然でもなんでもない。

「策士だ……」

絶対計算に決まってる。

私の恥をもって、私と凱莉さんは晴れてめでたく(?)全社員公認となったのでありました……。