今にも消えてしまいそうな先輩を見て


手を伸ばさずにはいられなかった。



「ゆうちゃん、おいで」


「抱きしめてあげる」



先輩は優しく私を包み込む。


だけど、見ているのは私ではなかった。



それでもいいの。


先輩がもう一度笑ってくれるなら


身代わりの恋でいいと思った。





この作品のキーワード
恋愛  純愛  好き  切ない  先輩  片想い    感動  胸キュン