「契約成立。
今、この瞬間からお前は俺の婚約者だ」


吉良鷹凪(きら たかなぎ)・三十歳――

そのカリスマ性と甘いルックスが多くの国民を魅了し、若くして総理大臣候補にまでのしあがった彼は

政治家にして『抱かれたい男ナンバーワン』と称される、今や時のひとである


そんな彼に見初められたのは

口下手で極度のおひとよし人間・
高梨奏(なかなし かなで)


誠実で清らかなその青年は、プロポーズを皮切りに狡猾な支配者へと変貌する

――存分に愛してやるから、目を閉じろ――


【公開日:2018/03/15】
【完結日:2018/03/23】

2018/03/30 番外編更新しました

【原題】この愛が君を満たすまで~カリスマ総理の満愛マニフェスト~
※本作品は書籍改稿前の原文になります。


聖凪砂さま、レビューいただきありがとうございました☆彡

好評発売中

あらすじを見る
「俺はお前を満足させる自信がある。試してみようか?」―地味OLの奏は恋愛経験皆無。ひょんなことから選挙事務所のボランティアに出向くと、イケメン御曹司の鷹凪に突然、契約結婚を言い渡される。彼は由緒正しき家系の次期総理大臣の座が確定した「俺様プレジデント」。爽やかな言動のパブリックイメージとは裏腹に、家での彼は蠱惑的。「存分に愛してやるから、目を閉じろ」――強く抱きしめられ、奏の耳元に唇を寄せて…毎晩のキスが止まらない。そのギャップととめどない色気に戸惑いつつも、鷹凪の溺愛ぶりに、奏の心も体もとかされていき!?
この作品のキーワード
プロポーズ  政略結婚  溺甘  御曹司  俺様  カリスマ  契約  強引  シンデレラ  チーム黄