ポケットからさっき買ったばかりのリングケースを取り出し、手際よくリボンをするっとほどき、リングを引き抜いた。

「…左手、出して」

私の手をとったナオは、薬指にすっとリングを通した。

手を空にかざしたら、バックに見えるイルミネーションのせいだろうか。

お店の白いライトに照らされていた時よりも、ずっと美しく輝いて見える。

「似合うよ、明里」

「…ありがとうございます。夢みたい…」

ナオは私の顎を持ち上げ、しばらくじっと見つめたあと、少しずつ目を伏せた。

妙にセクシーに見えるその顔をギリギリまで見届け、私も同じように目を伏せて、重なった唇のやわらかさに幸せな気持ちになった。


惹かれるどころじゃない。

私はきっと、この人のことが好きだ。



この作品のキーワード
副社長  御曹司  一目惚れ  すれ違い  切ない    姉妹