副社長…ナオの仕事が落ち着いて、今夜は久しぶりに会えることになっている。

社長への挨拶から10日ほど経っているから、久しぶりでドキドキしてしまう。

最初の日と同じように、緊張で胃が痛くなりながらもナオの到着を待った。

だけど、車から顔を覗かせたナオの姿を見て、緊張よりも嬉しくなった自分がいた。

嬉しくて緩んだ頬を戻せなくなるくらいに。

「お疲れ様です。失礼します」

と車に乗り込み、「お疲れ様」と明るい声で返してくれるナオに幸せな気持ちになる。

ナオが運転していてよかった。

こんなにニヤニヤしている自分を見られるのはさすがに恥ずかしいし、引かれてしまう。

私の恋心は、いつのまにかこんなに膨らんでいたのだ。

単純にもほどがある。もっと恋愛に臆病な人間だったはずなのに。

「なかなか時間が取れなくて悪かった。しばらくはこんなに忙しくないはずだから」

「いえ、今日はお疲れじゃないですか?もしかして無理して来てくださったとか…」

「俺が会いたかったんだよ」

さらっと言われてしまった言葉が甘く胸の中に広がる。

「それよりも、敬語はやめてくれ。寂しい気持ちになる」

「…はい、ごめんなさい」

言ったあとにまた敬語だったことに気づいて、あ、と声を漏らしたら、ナオは手の甲で口を軽く隠しながらクスクスと笑った。



この作品のキーワード
副社長  御曹司  一目惚れ  すれ違い  切ない    姉妹