「真島さん、これ入力頼めるかな?」

午後になって、3年先輩の営業アシスタントの山田さんに資料を渡される。
私は立ち上がって資料を受け取った。

「はい、大丈夫です」

入社2年目で覚えることもまだまだ多い私は、とにかくなんでもやることを心がけている。
山田さんは色々な仕事を振ってくれる先輩だ。

「前にやったことある金額入力だから。金曜までだけど、真島さんなら余裕だよね。いつもありがと」

綺麗にネイルが施されてケアの行き届いた指先で、カップ入りのアイスコーヒーが机に置かれる。

「これ、あげる。」

「あ、ありがとうございます。」

私は少し頭を下げた。


この作品のキーワード
オフィスラブ  同期  甘々  意地悪