書きかけの恋愛小説を残して、 
急逝した小説家ーー。

彼の遺作を代筆することになった、
二人の男女。



「舞香には治療が必要だね。君の傷、
俺が治すから」



伊原 響輝
hibiki ihara
28歳 編集者



木村 舞香
maika kimura
26歳 編集者



(※「真心の愛を〜」が、完結次第、執筆を再開致します)。

この作品のキーワード
純愛  同居  切ない  ドキドキ  胸キュン  溺愛  溺甘    過去