「好きだよ。」

この想いが、少しでも君に伝わればいいなと思って、伝えてる。

だけど、伝える度に断られる。

迷惑かもしれない。
望んでいないかもしれない。

だけど、僕が想いを伝える度に苦しそうな悲しそうな顔をするから、


僕は、君に笑って欲しいと、心を揺さぶられてしまうんだ。

⑅ *✲゚*。

男の子

×

女の子

⑅ *✲゚*。

2人の、暖かな純情物語

この作品のキーワード
処女作  告白    卒業  短編  過去  トラウマ