オフィスに戻ると、麻衣はすでに席に着いていた。いつもの天真爛漫な笑顔で華奈に話しかける。

「あ、華奈さーん、お帰りなさい。お友達とのランチは楽しかったですか?」

 その曇りのない笑顔に胸の痛みを覚えながら、華奈は答える。

「うん。すごく久しぶりだったから、話も弾んだし」
「それはよかったですね」
「ん」

 華奈は椅子を引いて座ろうとしたとき、ノートパソコンに水色の大きめの付箋が二つ折りにされて貼られているのに気づいた。

(なんだろ)

 不思議に思いながら広げたら、しっかりした筆圧の、整った手書きの文字が表れた。

『支社でトラブルがあって、急遽北海道に出張になってしまった。連絡してほしい。一之瀬』

 颯真の名前を見つけて、華奈はドキンとした。

「華奈さん」

 背後から麻衣に声をかけられ、華奈はビクリと肩を震わせた。

「な、なに?」
「その付箋、さっき一之瀬部長が貼っていったんです。なにか問題でもありましたか?」

 華奈は慌てて付箋をクシャッと握りつぶした。

この作品のキーワード
チーム赤  上司・部長  結婚  アラサー  プロポーズ  オフィスラブ  溺愛  独占欲  フィアンセ  セクシー