「ごめん」

総一朗さんはもう一度強く抱きしめると、重なっていた唇を離し私の身体の戒めを解く。

「無理矢理は抱かないとか言っておいて、これじゃあカッコつかないな」

自嘲的に笑う彼の顔を見て、切なさで胸が締め付けられる。

「どうした? そんな顔して」

何も言えず見つめるだけの私の頬に総一朗さんの手が伸び、耳にかかっている髪をかきあげる。触れられているところがじわっと温かくなり、そのぬくもりを手放したくなくて自分からその手に顔を寄せた。

「離れたくない……って言ったら、総一朗さんどうしますか?」

頬にまだある総一朗さんの手に、自分の手を重ねてみる。

自分からこんな大胆な言葉が出ることに驚くが、これが今の私の正直な気持ち。恥ずかしさよりも何もかもを彼に委ねたい気持ちのほうが勝ってしまい、自分の身体をコントロールできない。

総一朗さんは一瞬驚いた目をしたが、すぐに困ったように深い溜息をつきその目を閉じた。

「お前、自分の言ってることの意味わかってるのか? 無理しなくていい」

私に頭に総一朗さんの手が置かれ、優しく撫でられる。それが子供扱いされているみたいで、胸が痛い。