「ねえ、私たちまた会えるかな?」


「当たり前だよ、きっと運命が僕たちをまた巡り会わせてくれるよ」


「そのときまで」


『またね』

この作品のキーワード
恋愛  青春  切ない    想い出  シュウ小説