愛することの素晴らしさと苦しみを教えてくれたあなたに、わたしはこの桜の下で別れを告げる・・・。

あらすじ

あなたを愛していた。だから日陰の恋でも我慢した。でも、あなたを愛し続けたわたしは今年で27になる。若さなんて桜のように儚く散ってしまうもの。

だからわたしは儚い恋を終わりにする決心をした。

この作品のキーワード
不倫  年の差  別れ  アラサー  若さ    ドライブ  体の関係  短編  上司