毎朝9時半から出勤して、カウンター業務。

 その合間に会社の中にある練習用のスタジオで模擬結婚式をして、本番当日の練習をする日もある。
 基本的に私のお休みは平日で、週末は本物の結婚式に参加して先輩の動きを見させてもらっている。

 そして現在、私は抱えている顧客である高橋さんの準備の最終調整に入っていた。

 午後から少しだけ自由な時間ができたので、Valerieで高橋さんのドレスのチェック中。

「詩織から話を聞いたときは、ちょっとくらい誤差があるんじゃないかって思ったけど、本当にスタイルがほぼ一緒だった」
「だよね。実は私も驚いてる」

 私と打ち合わせてすぐに高橋さんはValerieに足を運び、直樹と晴樹とデザインの方向性について話を詰めてくれたみたいで、そのときも採寸も済んだようだ。

「だから高橋さんの体で合わせたいときは、私が手伝うから」
「助かる」

 直樹も晴樹もこれ以外の仕事を抱えているのに、納期が短い高橋さんのドレスを最優先でやってくれている。