尊敬する兄たちだから、ずっとこうして傍にいた。
 なんの取柄もない私をValerieの一員にしてくれたことを感謝している。

 これからは私が兄たちにお返しする番だ。


「待って」

 歩き出した二人を呼び止め、私もソファから立ち上がった。

「私、結婚する」
「え……?」
「Platinum Weddingの社長と結婚して、満足してもらえるような完璧な妻になってみせる」
「詩織……!」

 やるからには全力でやろう。直樹と晴樹がいつもしているみたいに。私にだって何かできるはずだもの。

「いいのか、本当に? 無理ならいいんだぞ」
「ううん、大丈夫。私たち三人でValerieだもん。私も力になりたい」
「詩織、ありがとう……!」

 直樹と晴樹に抱き締められ、私は結婚を決意した。
 藤崎詩織二十五歳。顔も知らない男性と結婚します――。