東京では、ふつう自分の妻のことを、
うちの「家内」とか「女房」とか「カミさん」などと言うが。

ここ大阪では、十中八九、
うちの「嫁」と言っている。


今ではもう、すっかり慣れてしまったが、初めは違和感があった。


だって「嫁」なんて言い方、ずいぶんと封建的じゃないか?

「妻」というと「配偶者」や「パートナー」のイメージがするが、

「嫁」というと「婚姻した結果、その家に尽くさざるを得なくなった悲劇の女」ってイメージがする。


……あくまでも「個人の感想」だが。

この作品のキーワード
夫婦愛  溺愛  すれ違い  ラブコメディ  関西