JR大阪駅に隣接するグランフロントの、数々の有名企業が入居するタワーAに、あさひ証券大阪支社はあった。

中でも秘書室は「大阪エリア限定の総合職」の女子社員にとって憧れの職場である。


……なのに。


下界のスタバから天空のオフィスに戻ってきた豊川(とよかわ)は、重いため息をついた。


デスクにいた三人の女子社員が、一斉に振り返った。

「「「遅かったやん、豊川!」」」

「す…すいませんっ」

豊川はコメツキバッタのごとく、それぞれに謝った。


そして、緑のロゴ入りの茶色いペーパーバッグから、申しつけられたブツを取り出す。


帰国子女で読モのように華やかな興戸(こうど)には、ノーファットのキャラメルマキアート。

お姫(ひい)さんみたいに嫋(たお)やかな七条(しちじょう)には、ミルクをソイに差し替えた抹茶ティーラテ。

姐御肌風でクールビューティな鳴尾(なるお)には、ショットを追加したエスプレッソ。


一仕事終えた豊川は、自分のデスクに戻った。

そこには、席を外した間に持ち込まれたであろう書類が、うず高く積まれていた。

この作品のキーワード
夫婦愛  溺愛  すれ違い  ラブコメディ  関西