妻がこのクィーンサイズのベッドで眠るのは、ここ大阪に赴任するにあたってこの2LDKのマンションを借り、一緒に家具や身の回りのものなどを用意していた時以来だ。

サイドテーブルにはいつの間にか、白い陶器のアロマランプがあって、そこはかとなくオリエンタルでスパイシーな香りが漂ってくる。

「……おい」

隣に身を沈める彼女を、おれはぐいっ、と引き寄せた。

「いい香りだな……」

おれの腕の中にすっぽり入った小柄な彼女が、
おれを見上げて、ふふっ、と微笑んだ。

「お昼間に、梅田の阪急百貨店へ行って、生活の木で買ってきたの」

そう言う彼女の前髪をかき上げ、広い額に軽くキスをした。

そして、そのまま、鼻筋をなぞるようにしてキスを進ませ、ぷるっとしたくちびるに辿り着く。

そのまま、啄(ついば)むようなキスをしていたら。

「……明日……仕事でしょ?……いいの?」

既に甘い息遣いになっている彼女がささやく。

確かに明日は金曜日で、仕事がある。


……だが。


この前、抱いたのは、いつだっけ?


……あぁ、そうだ。

三月・四月の年度末・年度始めは忙しくて(三月末の彼女の誕生日も帰れなかった)先月のゴールデンウィークもこっちで接待ゴルフ三昧で、東京の家には一泊しかできなかった。

もしかして、二月に東京へ帰った時以来じゃないか?


……だったら、なおさら。

この作品のキーワード
夫婦愛  溺愛  すれ違い  ラブコメディ  関西