翌朝、ゴルフに行くために、おれは五時に目が覚めた。

早起きをするのには、まったく苦にならない。
息子の大地もおれに似て、そうである。

逆に、早起きが超苦手な妻の紗香は、隣でおれが起きる気配を感じたのか、なんとか自分も起きて朝食の支度をしようと、ベッドの上で強烈な眠気と闘っていた。

元来の、端正かつ愛らしい顔は微塵もない。

たった今出土されたばかりの土偶が、久しぶりに差す日の光を浴びたため、糸みたいな目をさらに細めて「ま…まぶしい…」とでも言ってるかのような、超ブサイクな顔をしてもがいている。

おれは朝っぱらから吹き出した。


そして、そのあまりにも「かわいい」姿を見て、まるで新婚の時みたいに、妻のくちびるに軽く、ちゅっ、とキスをする。

「起きなくていいさ。朝食はゴルフ場でとるから
……おまえは、ゆっくり寝てな」


紗香はやっぱり超ブサイクな土偶の糸目のまま、天龍か?長州力か?と間違いそうになるほどハスキーな声で「ごめんね」とつぶやき、ふにゃりと笑った。

この作品のキーワード
夫婦愛  溺愛  すれ違い  ラブコメディ  関西