(ついた……)

フッと息を吐きだして碧はきょろきょろと周りを見渡した。

旅行であろう家族連れが、楽しそうに笑い声をあげる横を、コロコロと少し大きめのトランクルームを引きながら小さく碧は微笑む。

碧が沖縄に来るのは初めてではない。
5月のゴールデンウィークが終わったばかりの空港はまだまだ人が多く、前回冬に来た時とはすっかりと違う雰囲気に、いつもは感情の起伏の少ない碧も、気分が高揚するのがわかった。

(とりあえずはレンタカーを……)
まだ5月だというのに、容赦なく照り付ける日差しに少し目を細めながら碧は空港の外へと向かった。

色々なレンタカー会社の人が旗やプラカードの様な物を持って立つ中、碧も自分の依頼したレンタカーの店の旗を見つけて声をかけた。

この作品のキーワード
シンデレラ  地味OL  イケメン  結婚  運命  ジレジレ  溺愛  あまあま