エミリアは深夜に帰宅する夫を、こっそり待っていた。
恋しい夫に相手にされていないからだ。

それなのに……

「わたしが妻を愛していないなどと、どうして君が決めつける?」
「君の肌を目にしたら、会話にならない」

私たち、ただの政略結婚よね?
あなたを好きだと告白しても、許してくださるの?


2019/04/16改稿
2018/05/02, 03, 06更新

あらすじ

エミリアは、深夜に帰宅する夫アーサーの帰りを、こっそりと起きて待つことが日課だった。

政略結婚で白い結婚を続けている夫とは、朝食でしか会わない。しかし、エミリアはアーサーのことを密かに愛していた。

ある朝、ついにエミリアは、こんな関係で夫婦と言えるのかと口走ってしまう。アーサーから返ってきたのは思いもかけない答えで、その真意を正せぬまま、今夜もエミリアは夫の帰宅を待つのだった。

この作品のキーワード
夫婦  すれ違い  貴族  溺愛  政略結婚  富豪  ヒストリカル  らぶらぶ  あまあま  ほのぼの