森を抜け、しばらく走ると街中に出たらしい。


外はすでに暗くなり、街中の店には明かりが灯され始めた。


きれい……。


シェリルはよりいっそう前のめりになり、外を見ていた。


ダメだ……。


何もわからない……。


何も覚えていない……。


突然、ガクッと馬車が大きく揺れ止まった。


「きゃっ!」


その反動でシェリルの身体が前のめりになり床に落ちそうになった。


倒れる寸前レオンが手を伸ばし支える。


「大丈夫か?」


シェリルにはそう声をかけ「何をしている!」と従者に怒鳴る。


「申し訳ございません、突然他の馬車が飛び出してきて」


従者が大声で謝った。





この作品のキーワード
ヴァンパイア  甘い  切ない  病気  皇帝  異世界  ファンタジー  吸血鬼 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。