ひとつ大きく呼吸をして、檻の隙間から腕を出す。

亜麻色の髪とカッパーの瞳を持ったルイスの方へ手を伸ばした。

「手を握って」

細い指先がそれを求めている。シーラは触れることのできる距離で願った。

「何故」

「寂しいから」

そう言って、笑った。
前言撤回だ、とルイスは思う。

「ここは寂しいから、手を握って」

言い終わる前に、ルイスはその細い指を掴み、手を握る。ひんやりと冷たいそれに、温度を分けてやる。

シーラの笑顔はとても美しかった。

「どうか、元気でいてね」

「ああ」

上手い返事は思いつかなかった。

「さようなら」とすぐにシーラが手を離したからだ。