ルイスの別宅は森を抜けた向こうに建っていた。
といっても、森を抜けても森の中だった。

「早く行けよ」

「……誰もいない?」

「いるに決まってるだろ」

庭の手入れも行き届いている。こんな森の中にあるのに外壁だって綺麗だ。
シーラは段ボールを両手に持つルイスの後ろへ隠れるようについて歩く。

上着のポケットから鍵を取り出すと、その前にドアノブが回った。
一歩下がったルイスの後ろで、シーラも同じように下がる。

扉が開くと、出てきたのはハウスキーパーのマリア。

「坊ちゃん!」

「その呼び方やめてくれ」

この作品のキーワード
F大賞2  西洋もどき  溺愛  過去  関係  冒険