「ちょっと、あんたいい加減にしなさいよ!」

高校へ続く坂道で、私の前歩く男女が振り返った。
勿論、この荒げた声をあげたのは私。
そして、この『男女』の男は、私の中学からの『彼氏』である。

「おはよー、ハニー」
「ハニーじゃないわよ!また浮気して。高校入って何人目よ!」
「う~ん、解んねー。だって俺モテるし」

指を数を数えながら、面倒臭くなったのか途中手を下ろして、外国人のように手をかざしてみせた。

「もう~。あんたこそまだ彼女ヅラしてんの?真輝(まき)君は皆の真輝君なのよ?もう相手にされてないんだから、付きまとうのやめたら?」
「カナちゃん、俺まだ杏と別れてないよ?」
「だめ~。真輝君は皆の真輝君だもん。だいたい、真輝君の彼女がこの程度じゃ似合わないし~」

私の彼氏の腕にべったり抱き着く姿に、私は唇を噛みしめギュッと拳を握った。
確かに、私の彼氏の真輝は高校に入学してから急激にモテ始めた。
調子に乗った真輝は、来る者拒まず去る者追わず、で同級生上級生と関係を結んでいるみたいで、兎に角腹立たしい。
そんな私達の修羅場を登校中の学生はクスクス笑いながら横切っていく。
何度も言うけど、私の彼氏の真輝は、高校に入ってから同級生上級生と浮気を繰り返している。
こうして、朝から詰問する私の姿は、この学校では見慣れた朝の日課だ。
だから、こうして登校中、朝から問い詰めるなんて日常茶飯事すぎる光景なのだ。

「う~ん、でも彼女は杏だけだから。じゃあまたね」
「え~」

残念そうにしながら、皆の~と言っているだけあって引きも早いカナという女はさっさと学校へ向かって歩いて行った。

「さぁ杏ちゃん、俺達も行こうか」

まるで何もなかったかのように、にこにこ笑顔で私と手を繋ごうとする手を振り払い、真輝からすり抜けると学校へ続く坂道をズンズン進む。
他の女が触れた手で触れられたくない!

「待ってよ、杏ちゃ~ん」

無視無視。
……。
声が聞こえなくなって振り返ると、真輝はまた違う女の子とヘラヘラしながら話している。

「真輝!」

この作品のキーワード
裏切り  浮気  別離  失恋