彼氏と親友の裏切り。
真輝は兎も角、玲奈の事は本当に、本当に信じてた。
私が真輝の浮気で悩まされてる事も、傷ついてる胸の内も話してきた。
私の苦しみも、悲しみも、包み隠さず話せたのは、保育園の時からずっと一緒で友達でもあり家族みたいな存在だったから。
そんな玲奈が、どうして傷に塩を塗るような真似をしたんだろう。
足をとめ、俯いた視線の先には、白い上履きがあった。
あ。
靴、履き替えてくるの忘れちゃった。
家に帰ったらすぐコレ洗わないと乾かないな。
明日、学校に……。
明日になれば、ううん、もうすでに私達が別れた事は学校中に広まってるかもしれない。
そしたら、2度と真輝の事で嫌な思いはしなくて済むんだ。
これでやっと、平穏な生活を送れるようになる。
学校……行きたくないな~。
玲奈と顔を合わせるのもキツイ。
クラス一緒だから、嫌でも毎日顔を合わせるはめになるし。
人の噂も七十五日。
どんな噂一時的な事に過ぎず、75日も経てば忘れ去られていく、とは言うけど。
実際のとこどうなんでしょうね。
クラスメイトの性格解ってるから、今更友達になる気も失せる。
信用できる人も居ない。
結局、私には何も残らなかった。
私に明日はあるのだろうか。

足取り重いけど、不思議と涙は出てこなかった。
ただ、ちょっと疲れたな、て。
日課になっていた、
『今、誰と居るの?』
『何処で何をしてるの?』
そんな束縛するような思いやプライドと葛藤せずに済むんだと思うと、妙な脱力感。
これを、開放感、と言うのだろうか。
そうこう考えてるうちに、行き場所もない私は、結局家に帰ってきてしまった。
「ど、どうしたの、こんな時間に。学校は?」
玄関先でお母さんと遭遇してしまった。
これは、想定外だ。

「ちょっと具合悪くて帰ってきちゃった」
「あら、熱は?」

手ぶらな上に上履き姿の私を見て、訝し気な顔をした。
ヤバイ。
何か突っ込まれる前に、話題を変える。

この作品のキーワード
裏切り  浮気  別離  失恋