「キャー! なんですか、この眩しい笑顔は!! めっちゃイケメンじゃないですか!」

数日後。仕上がった写真を見て、薫ちゃんは悲鳴にも似た声を上げた。

「半分は俺のカメラの腕だから」

面白くないようで笠井君はブスッとした顔で言う。

「そんなわけないじゃない! 明らかに被写体がいいだけだし! あー、もうこんなにイケメンドクターなら、なにがなんでもついていけばよかった」

「そうなったら俺が全力で阻止していたから無理だよ」

「はぁ? もう笠井君ってばなんなの? 最近いつもに増して酷くない!?」

「酷くない」

軽快なふたりのやり取りを、いつもは温かい目で見守ることができていたけれど、笠井君の気持ちを聞いてしまった手前、ハラハラしてしまう。そして言いたくなる。

薫ちゃん、違うんだよ? 笠井君は薫ちゃんのことが大好きだから、自分以外の男の人を褒めるのが面白くないだけなんだよって。早く笠井君の気持ちに気づいてあげてって。

もちろんそんなこと、口が裂けても言えないけど。

この作品のキーワード
ドクター  一途  溺愛  片想い  再会  プロポーズ  運命  ピュア  スピンオフ