最寄り駅から徒歩三分のところにある七階建てのビル。

その三階にある職場に通い始めてもう六年目になろうとしていた。

「それじゃ七月号の企画は、最新の浴衣コレクションと花火大会特集でいきたいと思います。よろしくお願いします」


定例の企画会議を終え、グンと背伸びしながらデスクへ戻っていく私、佐野環奈(さの かんな)二十八歳。

身長百六十三センチと女性としては高く、大きな二重瞼は猫目で、少しきつい印象を持たれがち。それと低い鼻がコンプレックス。

背中まである長い髪を仕事中はひとつに束ね、今日も気合いを入れて勤務に当たっていた。


大学を卒業後、私は毎月タウン情報誌を発刊している『株式会社 東葉』企画編集兼ライターとして入社。

総従業員数十名と少なく、アットホームな職場でタウン誌発刊までのすべての仕事を請け負っている。


企画発案からはじまり、有名人や店舗などへの取材依頼。実際に取材までこなし、フォトグラファー、外部ライター、デザイナーへの依頼、原稿ライティングや校正、進行管理まですべて自分たちで行なっている。

この作品のキーワード
ドクター  一途  溺愛  片想い  再会  プロポーズ  運命  ピュア  スピンオフ