緑あふれる豊かな国「グリーンピアト」には数多くの物語が残されている。

今回のお話しは少しミステリアスなお話しをお届けします。

名門貴族の法律家一族の令嬢・メディルという一人の女性がいた。

父の遺志を受け継ぎ法律家として名を上げていたメディル。

しかし、ある日突然家族を殺されてしまう。

犯人は加害者の家族であり、逆恨みをして殺したのだった。

残されたのはメディルと、外出していて助かった5歳上の姉セリナだけだった。

突然、両親を失い金銭的に困ってしまった2人。

姉のセリナはメディルに「あんたのせいで、2人は死んだ。身体売ってでも稼いできなさいよ!」と言い、メディルに売春を命じて無理やりお金を稼ぐように命じた。

姉の為にと、メディルは売春を決意する。

初めて売春婦として、買ってもらう為に出会った男性フェリオ。

50000ギロで買って欲しいと頼むと、フェリオは1憶ギロで買うと言い出した。

一生かかっても稼げない1憶ギロを、躊躇なく出すフェリオ。

無理やり妹にお金を稼がせて楽をしようとする姉のセリナ。

この3人には大きな秘密が隠されていた。


この作品のキーワード
ファンタジー  恋愛  殺人  皇子  スタ文大賞3