いちばん大切なものは、目には見えない。

それは僕が幼い頃に、彼女に教えた言葉だった。

そんな君が、また僕に会いに来る。

こんなにも美しい世界で、君は僕に会いに来てくれた。

この作品のキーワード
恋愛  純愛  切ない  感動  幼馴染