不器用でそそっかしくて天然の彼女。

いい加減、俺だけ見てくれませんか?

×

年下の頼れる後輩だと思っていた彼。

それなのに、どうしてこんなに気になるの?



『ついてない日』『ついてる日』に続き、
壮吾×寧々カップル第三弾です。

『ついてる日』の後日談になりますが、
どの話から読んでも大丈夫だと思います。

もちろんこの話だけでも。


22年前って設定なので、1996年頃ですね。

まだ携帯電話もここまで
普及してない頃です(笑)。

寧々はバブル期終焉の頃の入社、
壮吾は就職氷河期真っ只中の入社、
と言ったところでしょうか。


よかったらお付き合いください。


【2018/05/28 UP】


けんこうマミー様
Jyoka様
芙蓉☆様
Daisy Duck様
結衣可様
あたたかい感想ありがとうございます!

とても嬉しいです♡

この作品のキーワード
高樹家③  奥手  90年代  年上彼女  年下彼氏  天然