思いついたまま書いていくので、鈍亀更新になります。



あの日の君を想うと、いつも胸が苦しくなる。

あの日の君との思い出は、いつもどんなときも決して忘れはしないだろう。

たとえ、君とは違う人と結ばれたとしても・・・。


この作品のキーワード
短編  青春・友情  純愛