「ああ、もう!どこに置いたんだっけ?」

4月のある月曜日の朝7時。智子は洗面所で慌ただしく探し物をしていた。

今日は長女 ルナの幼稚園の入園式。

普段メイクなどしない智子のメイクポーチは行方不明になっていた。

「こんな日に朝から何やっての。歯磨きしたいからちょっとどいて」

夫の恭平が呆れたように言った。

「パパ、私のメイクポーチ知らないよね?こんな大事な日なのにノーメイクなんてありえないよ。」

智子は洗面台の下を漁りながら泣きそうになっていた。

「知らないよ。そんなの昨日のうちにやっておいてよ。最後に使ったのはいつなんだよ。」

智子は恭平の最後の言葉にハッとして、2階の子供部屋へ走って行った。

ドアを開けると一目散にクローゼットを開け、大きなボストンバッグを手に取った。ファスナーを開くと、黒い小さなポーチが入っていた。

「あった!あったよ!!」

智子は大きな声をあげながらドタドタと階段を駆け降りた。

「ごめん、鏡半分借りるね。」

と、髪の毛をワックスで整える恭平の横でファンデーションを塗り始めた。