外出先からの帰りの車内。バッグミラー越しに目が合った社長は、ホクホク顔で聞いてきた。

「なぁ、井上くん。そろそろ結婚式場を押さえた方がいいんじゃないか? 大安吉日はすぐに埋まると聞くし」

「その心配はご無用です。まだそのような予定はございませんので」

真っ直ぐ前を見たまま答えると、社長は身を乗り出した。

「そうだな、結婚式場を押さえる前にまずは結納だ」

「……ですから社長、私と副社長はまだそのような関係ではございませんので」

きっぱり言ったものの、社長はニッコリ微笑んだ。

「そうか、まだそのような関係じゃないだけで、いずれそうなるかもしれないってことだね」

“まだ”を強調して言われ、ハッとする。けれど時すでに遅し。

「うんうん、わかったよ。ゆっくりとキミたちのペースで愛を育むといい」

社長は満足げに頷きながら、再び後部座席の背もたれに体重を預けた。