両親の事故、彼氏の裏切り。


絶望した私の前に現れたのは………




「はじめまして。お嬢様」




芸能人並にイケメンな男の人。




あれよあれよと連れていかれた場所は

とんでもなく広い大豪邸。




「今日からあなたには、
ここのお嬢様になっていただきます」




「は?はあぁぁーーー!!?」








一般庶民の私、今日からお嬢様になります。




‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦


甘え下手

村上 美都
【Mito Murakami】

×

溺愛クール執事

黒木 十夜
【Touya Kuroki】


‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦



「あ、あの黒木さん?」



「黒木でいいですよ、お嬢様」



「どうして私……
押し倒されているんでしょうか?」



「お嬢様が可愛すぎるのがいけないんですよ?」




※クールな執事は

夜になると、どうやらオオカミになるようで。




「今の時間は……恋人、ですから。
私ではなく、“ 俺 ” で」



ふたりきりの夜は、甘い蜜の時間。




◆◇◆◇◆



「お嬢様、今夜は××いたしましょう」



今夜もあなたは妖艶に微笑む────



2020.6.14~

この作品のキーワード
お嬢様  執事  溺愛  甘々  イケメン  クール  嫉妬  独占欲  ベタ惚れ