【とても美味しかったです! 今日は何時頃に帰れそうですか?】

 俺には「会いたい」とか言わないくせに、兄貴とは会うのかよ。

 ……どういうつもり?


 たまたま通りかかった店先に、兄貴の愛車が停まってたから覗いてみれば、向かい合って楽しげに話してて。
 別に、仲よくするのはいいんだよ。紹介したのは俺だし。
 そういうことじゃなくて、なんていうか……ムカつく。

 【おやすみ】なんて連絡したけれど、ロックグラスに入れたブランデーを少しずつ飲みながら、一日の終わりの余韻に浸っているところ。

 いつになったら、駒沢に来る気になるんだ、まひるは。
 いつまで俺をこうやって放っておくわけ?
 彼女からの連絡が途絶え、代わりに送られてきたのは兄貴からのメッセージ。


【今日、彼女と会ったよ。お前、もうちょっと彼女に優しくしてやれば?】

 ……まひる、兄貴になにを話したんだ?

 兄貴からのメッセージにも既読だけつけて返事はせず、キッチンにグラスを置いてリビングを出る。
 着ていたYシャツを洗面室の床に脱ぎ捨て、頭からシャワーを浴びた。