”この季節になると、君に会いにきたくなる。〝


”忘れたいのに、忘れられないんだ。〝


”それほどまでに、君を愛していたのに・・・・・。〝



目次

この作品のキーワード
純愛  悲しい  忘れられない