「ユリウス様今日もカレンのために来て下さったのですね。ありがとうございます」





えっ?

もしかしてユリウス私が倒れてから毎日来てたとか?まさか・・・毎日じゃないわよね?





「セレナ殿お気遣いありがとうございます。カレンに何かあったら、いつでも飛んで来ますので安心して下さいカレンは大事な婚約者なのですから」とお母様に仰った。



はい?いつでも飛んでくる?

何故?

それより、いつから私はユリウスの婚約者になったのよ?

私聞いてなくてよ!!



「ユリウス様とカレンは仲が良くて私嬉しいですわ。結婚式を心待ちにしているわね」とお母様が笑顔で仰った。





あのー・・・お二人だけで話を進めるのは止めて下さいませんか?

それに結婚なんて、するとしてもだいぶー先ですよ?私たちまだ7歳ですから・・・。

ちゃんとした説明を私にして下さい・・・。





「あの・・・ユリウス私はいつからあなたの婚約者になったのかしら?私何もお聞きしてませんが・・・」





「あら?カレンに言ってなかったのかしら?ユリウス様とカレンは5歳から婚約者よ」





「カレン知らなかったの?」と、うるうるした瞳でユリウスに睨まれた。





うっ!!そんな悲しそうな瞳で睨まないで下さい・・・。







それにしてもお母様・・・私初耳ですわ!!

こんな大事な事はお忘れにならないで下さい・・・。





「うっ・・・ごめんなさい」





何故私が謝らなきゃいけないの?こっちが泣きたいわよ!!





「カレン僕が婚約者だって事忘れちゃダメだからね」と次は満面の笑顔で微笑んだ。





忘れたら私どうなるのかしら?

ユリウスはカレン忘れたらどうなるか分かってるよね?的な顔をしている。

怖い・・・ユリウスの笑顔が黒く見える・・・。

目の錯覚かしら?

ユリウスって怒らせたら怖い感じよね?

私これから先大丈夫なのかしら?

ものすごく不安です・・・。





「ええユリウス。よく分かりましたわ」と悔しいので私の中で1番の笑顔で言ってやった・・・。





「ユリウス様カレンをよろしくお願いしますね」







「はい。セレナ殿おまかせ下さい」





お母様は部屋を出ていった。

嫌・・・お母様出て行かないで下さい。

お母様何故ユリウスと二人にするんですか!!







そしてユリウスと二人きりになった・・・。





誰か助けてくれる方いませんか?

何か部屋の空気が、すごく重いです・・・。