「本当に、言葉にできないくらい素敵な所だね……」


 この地を訪れてから、もう何度この言葉を口にしたかわからない。

 チラチラと雪が舞い散る冬の夜。私は宿泊先での夕食を済ませてから、恋人とふたりで旅先の地を散策していた。


 吐く息のすべてが真白に染まるほど、寒い。

 合掌造りの茅葺屋根の上を覆う分厚い真綿のような雪の上に、しんしんと新たな雪が降り積もる。

 集落に点在する屋敷の障子から漏れる黄色い灯りの群れが、この夜目にも白く照る極寒の雪景色を、幻想的に浮き上がらせていた。


「そうか? 俺はひたすら寒いだけだけどな」


 恋人の新城康平(しんじょう こうへい)が、これも何度目になるかわからないセリフを言った。

 前髪長めのマッシュパーマの頭の上に、次々と小さな雪が落ちてはアッシュグレーの髪を白く染めていく。

 彼は鬱陶しそうに頭を振って一重の目を瞬かせながら、きちんと整えた眉をひそめてクシャミをした。

 ダウンコートを難なく突き抜ける冷気に肩をすぼめる康平に、私は白い息を吐きながら笑いかける。

この作品のキーワード
御曹司  王子様  シンデレラ  溺愛  運命の恋  じれじれ  ガラスの靴  ハピエン