「彼女がいても、
先輩のことが好きです」



悲しい恋の始まりだった。


だけどそれは、悲しみ以上に
残酷すぎる運命。



「ごめん。彼女いるのに…
俺ちょっと弱ってて、限界。
2度としないから、今だけ許して」



大谷 桜(おおたに さくら)高1


高梨 蒼人(たかなし あおと)高3




神さま


どうして私たちを出会わせたの?


こんなに苦しい思いをするなら


いっそ何も知らずにいればよかったのに




「そばにいてよ。いなくならないでよ」



ダメだったんだよ、先輩。


私には、先輩のそばにいる資格なんて
最初からなかったんだよ…






この作品のキーワード
先輩  彼女  切ない  イケメン  スタ文大賞3  片思い  高校生